スピーチ上達3つのコツ


観葉植物

こんにちは!!田舎者の会社員チャーハン鉄平です!

スピーチをする機会は人生で何度もあります。

ビジネスだけでなく、プライベートでも何度かあります。

うまく話すコツを三つお伝えします。

1、朗読 2、撮影 3、アイコンタクトです。

 

朗読

物語を朗読する事。

これは、講師養成スクール等、プロ向けに教えられている訓練法です。

 

小説等、「ストーリー」のあるものを声に出して読んでみて下さい。

 

ポイントは、

「声の抑揚」「間」の二点です。

 

声の強弱をつける。

早く話したり、ゆっくり話したりする。

 

これが、抑揚をつけるということです。

 

句読点に気をつけて、「、」では一秒空ける。

「。」では二秒空ける。

 

これが、間をつくるということです。

 

この二つのポイントを意識して朗読するだけで、

トークが格段にレベルアップします!

 

「抑揚つけて、間をとって話そう」

なんて考えてる人は、ほとんどいないからです。

 

「ゆっくりと分かりやすく話す」

これ位は、やっている人はいるでしょう。

しかし、強弱や緩急、間まで意識してる人は(素人では)ほとんどいません。

 

これをするだけで、プロレベルに近付けます^^

朗読は本当に強力な訓練法です!

数日やれば本当にレベルアップを実感出来ます!!

 

 

撮影

スマホでいいので、自撮りするということですね^^

自分が話している姿を撮影して、見てみるということです。

 

メチャクチャ恥ずかしいですが、その見返りは保障します!

 

ちょっと考えてみて下さい。

芸人やアナウンサー、芸能人がしゃべりがうまいのは何故でしょう?

 

答えは、 「自分の話している姿を見てるから」 です。

モニターやオンエアで、いつも自分の姿を見れますし、

むしろ積極的にチェックし、改善しています。

 

「上達して当たり前」ですよね^^;

 

それを、やったらいいんです。

「あ~」とか「え~」が多いなあ。

とか、「表情が無いなあ~」

とか、「声が小さいなあ~」

等、客観視することで気付くことは非常に多いです!

 

これも、やったらやっただけ上達します^^

変なクセが治ってありがたいワークですよ^^

 

アイコンタクト

聞き手としっかり目を合わせるということです。

 

ハッキリいって、これで 説得力 がまるで変わってきます。

同じ内容を話してしても、しっかりと目を合わせてくれる人と、

合わせずに話す人。

 

断然、前者の方が頼れるし、信頼出来ますよね。

アイコンタクトが出来る=自信の表れだからです。

 

会場内の人となるべくたくさん目を合わせる。

これだけのことで説得力が全然違ってくるんです。

説得力が増すということは、売り上げも上がるということですよね?

あなたの月収が100万を越えるのも可能になってきます^^

 

逆に、聞き手を見ずに宙を見ている。

言葉が宙を舞っている。

 

それでは、聞き手に「刺さる」訳がないんです。

刺さらない!届かない!響かない!

こんなスピーチにならないように、

しっかりアイコンタクトして下さいね^^

 

これを意識してスピーチ、プレゼンをすれば、

月収100万達成も見えてきますよ^^


Comment

  1. ナミ より:

    鉄平さんこんにちは^^
    ナミです!

    スピーチは苦手で昔よく朗読の練習を
    してました^^

    でも撮影やアイコンタクトはしなかったので
    なるほど~!!と記事を読んで
    感動してしまいましたよ^^

    しっかりとイメージして練習すれば
    必ず上達しますよね^^

    ネットビジネスでも同じ、
    成功するイメージをしっかりと持って
    日々コツコツと取り組んでいきたいと思います!

    素晴らしい記事ありがとうございました!

    応援完了ですよ^^

    • チャーハン鉄平 より:

      ナミさんこんちには!いつもありがとうございます。
      朗読の練習されてたのですね!
      素晴らしいです。感動して頂いて、こちらもすごく光栄です!嬉しいです!ありがとうございます^^
      こちらも、応援伺いますね^^

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

初めまして!チャーハン鉄平です。
愛知の片田舎に住む40代会社員です。

トップアフィリエイターの方から学ばせて頂いてます。

アーカイブ

カテゴリー