人前で話すコツ


ケーキとゼリーとマカロン

こんにちは!田舎者の会社員チャーハン鉄平です!

パブリックスピーキングのコツ、多くの人前で話すコツです。

月収100万のため、是非覚えてくださいね^^

ちょっとした意識の切り替えで、驚くほど話せるようになります^^

 

何故緊張してしまうのか?

まず最初に、人前で話せなくなる理由について。

 

人前に出て話すということは、多くの人に注目されるということ。

「注目される」から、緊張してしまうんですね。

 

目立つのが大好き!

注目を集めたい!

 

という人なら平気でしょうが、

というかむしろ嬉しいでしょうが、

そうでもない人からしたら出来れば避けたい状況です。

 

「自分が話す内容に注目されている!!」

 

と思ってしまうと、緊張に輪がかかってうまく話せなくなってしまいますよね^^;

 

「そんな注目されてませんよ」

「皆、あなたの話をそんな真剣に聞いてくれてませんよ」

 

といってみた所で、話す当人にしてみたら

「聞いていてもいなくても」緊張してしまうんです。

 

じゃあ、どういう心の持ちようでいたらいいんでしょう?

 

これは、 逆の発想 をしたらいいんです!

 

見られるんじゃなく、見る

はい、「見られている」から、「自分が見る」へ

意識を切り替えます。

 

「注目されている」という自意識から脱出するのは中々難しいんです^^;

それなら、「こっちが注目してやる」

 

こうすることで、自意識から自然に抜け出すことが出来るんですね^^

 

人前に立った時、まずは落ち着いて全体を見渡します。

 

「平均年齢はどれ位か」

「男女比はどんなもんか」

「真剣に聞いてるのはどれ位いるか」

 

等、全体を「観察」してみて下さい。

これだけで、自信たっぷりに見られます。

「今からあなた達に向けて話ます」

という雰囲気を出せます!

 

この、観察目線。

これがもう、「自意識」ではなくて、「スピーカー(人前で話す人)」目線なんです。

 

目線を合わせる、アイコンタクトの大切さについては、こちらの記事を。

スピーチ上達の3つのコツ

 

見れるようになったらどうするか

人前に立ち、全体を落ち着いて見渡し、

「観察」目線になれたらどうするか?

 

もうここ迄来たら、話し始めて下さい。

但し、「聞いていない人」に向けて話すのはやめておきましょう。

 

聞く気がない人を振り向かせようとするのはエネルギーを使います。

それだけでは無く、場の雰囲気が悪くなってしまいます。

 

聞いてない人はほっておいて、真剣に聞いてくれる人に向けて話たらいいんです。

その方が気分よく話せて、場の空気もよくなってきます。

 

一部の人しか聞いてなくても、その一部の人を大事にしたらいいんです!

その人に伝わるように話たらいいんです。

 

どうですか?

人前で話すコツを知れば、話すのはそう難しくないと思えてきたでしょう?

 

今この文書も、共感してくれる人に向けて書いています。

話すこと、書くこと、

情報発信は、「自分に共感してくれる人」に向けてたらいいんです。

それを続けていれば、自然に売り上げも上がってきます。

月収100万も可能性をおびてきます。

 

そういう考えでいると、発信するのが随分気楽に出来るようになります^^

気楽に話せるようになったら、次のステップはこの記事から。

すべらないスピーチの二つのコツ

 


Comment

  1. tenka Book's より:

    人前で話すときに上記のコツを使ってみようと思います。
    ありがとうございます

    • チャーハン鉄平 より:

      tenkaBook’sさん始めまして!鉄平と申します。
      訪問とコメントありがとうございます!
      参考にして頂けて嬉しいです。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

初めまして!チャーハン鉄平です。
愛知の片田舎に住む40代会社員です。

トップアフィリエイターの方から学ばせて頂いてます。

アーカイブ

カテゴリー