月収100万稼ぐには、モチベーションを当てにしない


猫の瞳

こんにちは!!月収100万稼ぐ目標を持つチャーハン鉄平です!

月収100万稼ぐことに限らずに、目標を達成するには、

モチベーションを当てにするのはやめて下さい。

 

モチベーション頼みではまずい理由

行動を起こす理由をモチベーションにしてはまずいです。

「モチベーションが高いからやる」

これでは、行動が安定しません。

 

何故かというと・・・

 

モチベーションなんて脆い物だからです。

 

脆く、移ろいやすいのが人間の気持ちです。

こんな、不安定で不確定な要素に左右されるのはやめておきましょう。

 

余程マインドが強い人でないと、モチベーションなんて簡単にグラついたり、消えたりするんです。

一週間後、一ヶ月後も消えずにいてくれる保障なんてありません。

 

そして、これを当てにしてる人は何が危険かと言うと・・・

 

「今日は気分が乗らないからやらない」

 

と、モチベーションを言い訳に使うんです。

これは、最悪ですね^^;

言い訳の材料にしてしまっては元も子もありません。

 

やる気のある無いにかかわらず、その日やるべき事を淡々とこなす。

只粛々と、コツコツと、日課を、黙って遂行する。

外的要因(誰かに何か言われた、何かされた等)に一切関係なく、

自分のやるべきこと、

決めた分量を、

ただひたすらこなす。

ひたむきにこなす。

 

これが理想であり、一番確実に結果を出す人なんです。

 

思いを風化させない

最近見た映画で、行動力の源を学べるシーンがありました。

ここに紹介致します。

 

家族を奪われた男が、犯人に復讐の炎を燃やし報復を決意。

毎日毎日、駅で犯人探しを続けます。

ところが一向に手がかりは掴めずに、犯人は見つけられない。

 

やがて一年の歳月が過ぎ・・・

 

犯人探しを諦めかけていた刑事が、駅で男を見かける。

一年以上過ぎても黙々と駅に立ち続ける男に驚いた刑事は、

男の放った言葉に更に驚かされる。

 

「絶対にゆるせない!!」

 

と言った訳ではありません・・・

 

「必ず見つけ出す!!家族の為に!!」

 

という、強い復讐心で動いていた訳でもないんです。

 

男の放った一言とは・・・

 

 

「思いが風化してしまうのが恐い・・・・」

 

 

ガクゼンとする一言です。

 

復讐心でも、意地でもなく、

「忘れたくないから」

家族を失った悲しみを忘れない為に、一年以上も行動し続けたのです。

 

最終的に男は犯人を見つけ、復讐を果たします。

 

目的を達成できたのは、思いを風化させなかったから。

そして、風化しなかったのは、行動を続けたからなんです。

 

如何でしょうか?

モチベーションを原動力にするのではなく、

 

「思いを消さない為に」

 

行動してみてください。

 


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

初めまして!チャーハン鉄平です。
愛知の片田舎に住む40代会社員です。

トップアフィリエイターの方から学ばせて頂いてます。

アーカイブ

カテゴリー