日本一周を原付バイクで達成するのに必要なマインド


旅

こんにちは!田舎者の会社員チャーハン鉄平です!

カイジが連載20周年を迎えましたね^^

途中どれだけ長く休載しても、

再開しさえすればいいという見本ですね!

それはさておき、原付バイクで日本一周した友人からの

学びをシェアしたいと思います。

目先の看板だけ見えてりゃいい

例えばあなたが、「日本一周する!」という目標をもったとします。

あなたは、どんな計画をたててどんな行動をとりますか?

 

もし、「完全にシュミレートする」だとか

「出発地点からゴールまでの経由を完璧に描く」

 

そういうタイプだとしたら、今回の友人の話に驚くでしょう。

驚くと同時に・・・

 

それで何とかなっちゃうんだ!!

 

と拍子抜けすると思います。

 

友人は地図も持たずに(もちろんスマホなんて無い時代です)

青看板だけを頼りに進んだんです。

 

「ゴールまでのルートなんて分からなくても、青看板だけ見てりゃ十分!」

「とりあえず県境を目指してはしれば県を越えれる」

「それを繰り返していれば自然に日本を制覇できる」

 

この話を20年以上前に聞いたとき、

なんかコイツすげえなあ~と思いました。

あきれるのが半分、感心するのが半分という実感です。

 

今なら、このマインドに大賛成です!

ロジック(論理)的にもバッチリ理にかなっています!

 

作家「中谷 彰宏」さんもこういわれてます。

 

「車のヘッドライトは何十メートルも先は照らせない」

「せいぜい目の前の数メートル」

 

でも・・・・・ 「どこまででも行ける」

 

た、たしかに!!

そうですよね~と言わざるをえません。

 

ゴールまでの道筋なんて見えてなくてもいい。

目の前の霧だけがはれてりゃ出発する。

それで充分!

目的地がどこであろうが辿りつける!!

 

このマインド、何にでも通用します。

あなたが、「完璧に準備してから」でないと行動しないタイプだったとしたら

このマインドは人生を変えてくれます。

 

とりあえず、目の前がはれていたら出発しましょうよ。

はしりながら軌道修正すればいいし、

情報収集も走りながらできるんです。

 


Comment

  1. 森純平 より:

    チャーハン鉄平さん

    こんにちは!

    ゴールが見えずに出発するのは不安があるかもしれません。

    ですが、最初から完全なゴールを見据えて行動するのは難しいですよね。

    とりあえず見切り発車でもいいので出発して、方向が違えば鉄平さんの仰るように軌道修正をかければいいと思います。

    それで取り返しがつかなくなることなんて、まずありませんから。

    改めて行動することの大切さを実感できました^^

    応援していきます!

    • チャーハン鉄平 より:

      森様、おひさりぶりです!訪問とコメントありがとうございます!
      そうですよね!
      「軌道修正」する気持ちがあるんだから、取り返しがつかないなんてことにはなりませんよね^^

      ありがとうございます!
      こちらも応援にお伺い致します^^

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

初めまして!チャーハン鉄平です。
愛知の片田舎に住む40代会社員です。

トップアフィリエイターの方から学ばせて頂いてます。

アーカイブ

カテゴリー