川島和正セミナーでの学びを7倍8倍にして成功する


フォーカード

こんばんは!田舎者の会社員チャーハン鉄平です!

昨日にひき続き「川島和正さん岐阜講演会」にむけて、

セミナーの学びを何倍にも増幅させる方法です!

「アウトプット前提」「会場、スタッフからも盗め」「ルーツを探れ」

 

アウトプット前提

インターネット総合プロデューサー七星明さんから教わったことばです。

「アウトプット前提」

つまり、聞き終わったら誰かに情報をシェア(共有)するつもりで聞く。

 

これを意識するだけで、情報が断然記憶に残るんです。

 

ハッキリいって全っ然違います。

「ボ~ッ」と聞いているひとと、

「アウトプット、シェアする前提」で聞いているひと。

 

この差は雲泥の差です。

学びに天地の開きがでますからね!

 

これ、僕も意識してやってます。

毎朝の朝礼で意識してます。

 

短い内容の話でも、「正確に」伝えられるよう聞きます。

頭の中で、復唱しながら聞く。

そうすると、「聞き終わって整理しながら話す」

 

のではなく!!

 

「聞き終わったときには整理できてる」のです。

こんな具合に、「整理しながら聞く」という訓練はいつでもできます!

 

やらないと損ですね^^

 

会場、スタッフからも盗め!

「カシャカシャカシャカシャ!!」

「チャラリー!」

「デレッデレーデレッデレーデレッ!!」

 

ルパンのタイプライター予告みたいですが、

「盗む」のが大事なんです。

 

それも講師からだけでなく会場、スタッフ、

 

セミナー全体からスキルを盗んでください。

 

会場レイアウトはどうなってるか?

どんな照明でどんな音楽が流れてるか?

スタッフはどんな動きをしてどんな配慮をしているか?

 

セミナー全部が学びの場です!

 

「どんな仕掛けがしてあるか?」という目線が大事ですよ^^

 

ここで一つタネ明かしを。

気の利いた講師は会場から時計をはずします。

 

何故そんなことをするのか?

時間をわからなくさせてどうしたいのか?

 

ディズニー好きなあなたなら分かるでしょう??

 

そう!ディズニーランドと同じ理由で時計をはずすのです。

 

ルーツを探れ

これは「前準備」になりますが、ルーツ(源流)を探っておくのも大事。

講師にもメンターがいます。

そのメンターを探ることで弟子の教えを深く理解することができるんです。

 

しかもですよ?

 

今回川島さんは・・・

「ジェームススキナーのセミナーで学んで実践した成功事例」

を話すといってるんです。

言っちゃってます。

 

普段から「スキナーの9ステップが最高の教材」と言われてますから。

 

ここで、「頭白紙にして学ぶのがいいんじゃないの?」とか

「予備知識なしで素直にきくほうが頭に入るんじゃ・・・」

と思った人いますか?

 

もしあなたがそう思ったとしたら・・・

 

「素直さ」と「何にも考えてない」のは全然違いますからね。

 

せっかくの素晴らしい学びの機会、

準備はできる限りして、

当日は素直に、貪欲に吸収しましょう。

 

前準備の前編はこちら。

川島和正さん講演会の学びを7倍にも8倍にもする方法

 


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

初めまして!チャーハン鉄平です。
愛知の片田舎に住む40代会社員です。

トップアフィリエイターの方から学ばせて頂いてます。

アーカイブ

カテゴリー