川島和正さん講演会の学びを7倍にも8倍にもする方法


セミナー

こんばんは!田舎者の会社員チャーハン鉄平です!

あの川島和正さんの岐阜講演会!いよいよ今週末ですね!

そこで今回はセミナーや講演会での学びを格段に上げるコツ。

たくさん紹介します!

有名講師達のアドバイスも多く登場しますよ^^

僕が現場で直接聞いたネタです!

 

腹6分目

1DAYセミナーや、午後からの講演のとき・・・・

昼ごはんはどうしますか?

インターネット総合プロデューサー七星明さんに聞いたことばです。

 

「セミナーは腹6分目で臨め」

 

せっかくの学びの場!

自分よりもはるかに高いステージにいるひとに会える!

話が聞ける!空気に触れられる!

ミラーニューロンを鍛えられる!

(ミラーニューロンについてはこちら)

月収100万に必要なマインド「ミラーニューロン活用」

 

そんな、「生の体験の場」の臨むのに

メシを腹いっぱい食ってる場合じゃありません!

眠気が来たらもったいない!

フルに集中して望むために「腹6分目」です。

 

小さめのノート

続いても七星明さんのことば。

「机を置かない」

セミナーでは参加者を寝させないために机を置かない。

机があれば肘をつける。

肘をつけば寝れる。

寝させないために机を置かないんだそうです。

 

これを考慮すると何が考えられますか?

はい、鋭いあなた正解です!!

 

「ノートがとりにくい」

 

机なしではノートとりにくいですね~。

 

僕は、こんなのを用意しました。

B6ノート

 

B6サイズで革の表紙のノート。

小さめで更に、「革表紙」

机がなくても膝に乗せて書ける!!

これが一番使いやすいです。100均に売ってます。

 

 

「ノートパソコンではダメなの?」

 

そう思ったあなたは、いいカンしてます。

使い勝手はよさそうです。

 

しかし七星明さんにセミナーを教えた「小山竜央」さんは・・・

「講師育成プログラム」の中でこういってます。

 

「会場にパソコンを持ち込ませない」

 

分からないことをその場で調べたくなる、など講義に集中できない

要因になると思われます。

 

 

ノートのとり方

ノートのとりかたも、普通にやってたら損しますよ。

左右別々に使います。

 

左ページには講義の内容。

右ページには「その場で浮かんだアイディア」や「帰ってからすぐやること」

「後で調べること」「質問タイムで聞きたいこと」など・・・

 

「自分の脳の中身」 を書き出す。

 

これで、耳も脳もフル活用できるんです!

 

10倍取り返すつもりで参加

株式会社ロフティー代表 夏山直道さんのセミナーで聞いたことば。

この人、孫正義の親族です!

 

 

 

「5000円のセミナー参加したら50000円分学ぶのが成功者」

 

ガツガツと、貪欲に学ぶのが成功者です!

むさぼるように学び、成長してください。

 

そういう姿勢のほうが、

絶対に講師に喜ばれます!!

 

続く。

 


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

初めまして!チャーハン鉄平です。
愛知の片田舎に住む40代会社員です。

トップアフィリエイターの方から学ばせて頂いてます。

アーカイブ

カテゴリー