会議で発言しやすくなる魔法のひとこと


 

会議

こんにちは!田舎者の会社員チャーハン鉄平です!

今日は会議で発言がうまくできないという人のための、

魔法のひとこと。

「~目線で言わせてもらいます」

この枕ことばを使ってください。

 

何故発言できないのか?

何故、会議やサークル内で発言できないのか?

それは「遠慮してるから」です。

「会議の内容が難しい」とか

「よく分からない」というよりも、

単純に遠慮してしまっているから、発言できなくなるんです。

 

「新人がこんな意見いっていいんだろうか?」

「こんなこと聞いたら笑われるんじゃないか?」

 

という考えで頭がいっぱいになり、萎縮してしまうんですね。

じゃあ、そうならないためにはどうしたらいいのか?

 

「いっちゃうんです」

 

「新人なので多めに見てください」

と、最初にいってしまう。

 

そうすれば余計な力が抜けます。

「新人ならでは」の目新しい考えをいえます。

 

ところが、そういうキャラでもないひとはこれも言いにくいでしょう。

 

そんなときこそ、魔法のひとことです!!

 

「新人目線で、いわせてもらいます」

 

どうですか?

「新人だから」という理由で萎縮していたあなたも、

これならいえるでしょう?

 

「新人目線」

「学生目線」

「アルバイト目線」

「主婦目線」

 

こういう目線での意見って、邪魔にされないどころか・・・

 

重宝されます!

 

だってそうじゃないですか?

あなたが何十年も勤めているベテランだったとしたら、

新人さんのフレッシュな目線を知りたいと思うだろうし、

「学生や主婦の購買心理」を知りたい、

サービスと商品の向上のために幅広く消費者の意見を聞きたい!!

 

そう思いますよね?

 

なので、「~目線」は使えるんです!

 

むしろ、「新人代表としていわせてもらいます!」

これくらい自信もって発言したらいいですよ^^

 

あなたの素直な考え、新人としての意見。

これを職場、社会に入れることでよい空気を作りだしてください。

 

水でも空気でも「循環」が大事なんです。

あなたが社会の空気を入れ替えてあげましょう!

 

新人にしか感じれない感情。

主婦にしか分からない悩み。

学生ならではの意見。

 

これらが社会を、よりよくできるんです!

あなたが、あなた世代の代表ですよ!!


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

初めまして!チャーハン鉄平です。
愛知の片田舎に住む40代会社員です。

トップアフィリエイターの方から学ばせて頂いてます。

アーカイブ

カテゴリー