ゴミカスでいいじゃねえかと思えたら恐れが消える


拳

こんばんは!ハレバレとした気分の田舎者の会社員チャーハン鉄平です!

ハレバレとした気分なのは、「ゴミカスでいいじゃねえか」と思えたからです。

ゴミカスの底辺でいいんです。

でも必ず、月収100万達成してやる!

 

底辺です!でも頑張る!

はい!僕は低所得の底辺層です。

まだ何も成し遂げていない、

何者でもないただのオッサンです。

 

月収100万という目標に向かい続けているけど・・・・

今は底辺のゴミカスです。

決して諦めてはいないけれど、今はそれでもいいんです!

 

何故そういえるかというと・・・・

それでいいじゃねえか!!と思えたんです。

昨日見た「百円の恋」の主人公のあまりのカッコよさに

スッカリかぶれてしまったんです!

詳細はこちらの記事を。

百円の恋

 

あんな風に、自分を受け入れれたらいいな。

開き直って突き抜けるのカッコいいな。

やさぐれたり、諦めたりするんじゃなく、

「全てをエネルギーに変えて突っ走る」

何も持ってないから、何も恐れずに前に進む。

そんな生き方が眩しすぎる。

 

そう思っていたら、

「俺も底辺のゴミカスだな、でもいいじゃねえか」

そう思えてきたんです。

堂々としてればいいなと思えたんです!

 

そうしたら今日は仕事中、

ハレバレとした気分になってきました。

 

余計なものを肩から、背中からおろした感じです。

まだ何も達成してないんだから、虚勢を張らなくていい。

 

ビジネスや啓発系では、セルフイメージが大事だと言われます。

自分はこういう人間である、という思い込みですね。

そのイメージが高いと成功できる。

だからセルフイメージを

高めることをしなくてはいけない。

「自分は成功者である、高いステージにいるんだ」

こういったイメージを持ち続けることが大事で、

それが成功への道である。

それをとにかく重要視されます。

そう、学んできました。

 

僕もその通りだと思います。

成功できると思ってれば行動できるし、成功もできます。

 

しかしセルフイメージって、

虚勢を張ったり気を張り続けることとは

微妙に違うなあと気付きました。

 

「自分を受け入れること」で、不思議な自信がついた感じがします。

自信というか、開き直りに近いかもしれません。

そうなると、恐れがないですね^^

 

「一生やり続ける」

「一生進化を続ける」

 

その思いは全く変わってはいません!

進化、成長は一生とめません。

 

しかし今の自分は、まだ何者でもない。

そこは、しっかり受け入れる。

受け入れると、すっごく楽になるんです。

 

気分が軽いです!

そして、余計なものをおろした分早く走れる。

 

ゴミカスだから、人目なんか気にしなくてもいいんです!

誰も道端のゴミなんか気にもとめない。

失敗しても笑われないどころか、

 

誰も気付かない。

 

そう思えたらすっごく楽になれるんです。

 

気分爽快です!気持ちいいです!

 

「俺はここから発進したらいい!」

そう思えます。

 

まだ何も成し遂げてないんだから、

失敗なんか全然恐れなくていいんです。

ゴミカスでいいじゃねえか、これから光れば!

そう思えたら、これからは昇る一方なんです。

 

田舎者でも、月収100万稼ぐ!!

達成してやる!

ゴミカスでも成功する!

 


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

初めまして!チャーハン鉄平です。
愛知の片田舎に住む40代会社員です。

トップアフィリエイターの方から学ばせて頂いてます。

アーカイブ

カテゴリー