浪費癖を治すために「直感を信じる」のは止める


色鉛筆

こんにちは!田舎者の会社員チャーハン鉄平です!

浪費癖は治すほうがいいですよね。

「直感」はあまりあてにしないほうがいいです。

 

浪費とは

「浪費癖を治す」とはいっても、どんなお金の使い方が浪費なのか。

お金の使い方には2種類あるんです。

 

「投資」か「それ以外」

投資とはリターンのある使い道。

お金が将来的に増える使い道ですね。

 

投資以外の使い方は全て浪費なんです。

「食費とか交通費とか、必要な経費も浪費なのか?」

という方もいると思います。

 

食費や交通費は「投資」でいいですね。

自分が活動して仕事をしたり人生を楽しむためのものですから、

やがて自分の成長となってリターンが得られます。

 

色々な経験をすることで成長して、

お金を多く稼ぐことができるようになります。

そのための経費は「投資」です。

 

月収100万を達成するには、当然「投資」の割合を増やすべきなんです。

 

将来お金が増えない使い方が、「浪費」なんです。

浪費のわりあいが多い生活だと、お金は増えません。

豊かになるどころか、お金が減っていくだけになります。

「浪費」が多いひとは、たとえ月収100万あっても・・・・

余裕のある生活はできません^^;

 

 

浪費するときはどんなときなのか?

私が思い当たるのは、「直感で決めたとき」ですね。

 

宝くじ売り場にて

名駅(名古屋駅)チャンスセンターという宝くじ売り場の前を通ったときです。

マイクを通しての売り込みが激しかったこと、激しかったこと!

 

「思い立ったが吉日です!」

「買わなければ当たりません!」

 

宝くじを買わない派の私の耳には、右から左の売り込みですが・・・

 

「自分の直感を信じて!さあ!!」

 

このことばには引っかかりました!

買わない私が反応してしまったんです!

 

「買おう!!」

 

と窓口の前に並び財布を取り出し、

「30枚ください!!」

ドル札

・・・・・・などといった訳はなく(笑)

 

買いはしません。

しかし、「直感」といわれて買う人は多いだろうなあ~と気付きました。

 

そもそも宝くじを買う人は(多少なりとも)ギャンブラー気質の人のはずです。

全くギャンブルをやらない人なら買いませんから。

 

そして、ギャンブラーは「自分の直感」を信じすぎるんですよね。

私も昔はパチンコやってましたからよく分かるんです!

 

「ゲンかつぎ」とか「運試し」「直感で買う」

 

こういうことをよくしてしまう。

これって当然、「投資」のわけはないですよね?

 

ということは逆に、浪費癖を治すためには

「直感」とかあまりいわないほうがいいんです。

 

ここを意識するだけでも、かなりムダ使いは減らせれますね。

 


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

初めまして!チャーハン鉄平です。
愛知の片田舎に住む40代会社員です。

トップアフィリエイターの方から学ばせて頂いてます。

アーカイブ

カテゴリー