フォーカスの当て方で勝負が決まる!!


こんにちは!!田舎者会社員チャーハン鉄平です!

今日は、フォーカスの当て方について。

フォーカス(焦点)を、どこに当てるか?という話です。

月収100万を稼ぐためには必要になってくる考え方です。

 

どこに当てるか?

 

どこを見るか?

どこを論点にするか?

どこに焦点を当てるのか?

 

これを決めることによって、あらゆる交渉が楽になります。

 

人間関係も、行動の動機も、「どこを見るか」で変わってしまうのです。

 

そして、見るポイントをズラすことで、不利な状況も一気に有利になります。

 

悪用の例ですが、上手いパターンを見つけました。

 

論点のすり替え

自殺島第14巻。

このコミックに、上手いズラし、「論点すり替え」が出てきます。

 

無人島に連れてこられた若者達のサバイバルストーリーなんですが、

 

二つの対立するグループ(劇中では村)が設定されています。

 

皆で協力して生き延びたい、平和主義のAと、

略奪、侵略を何とも思わない極悪リーダー率いるB。

 

Bの方ですが、全員が悪な訳ではなく、むしろ悪はリーダー一人。

 

他はいいように操られてる感じです。

 

で、幾度となく侵略行為を繰り返すBに対して、AのスナイパーがBリーダーに闇討ちを仕掛けるんですね。

 

これ以上犠牲を増やさない為にも、元凶を消すしかないという、苦肉の策であり、

 

どう考えても正当防衛なんです。

 

残念ながらこれは失敗に終わります。

 

で、命を狙われたBリーダー、村人をけしかけて反撃に打って出るんですが、

 

そのたきつけ方が、まあ~ズル賢い。

 

「論点すり替え」を使うんです。

 

「俺達が今日,奴らに何かしたか?」

 

 

はあ?

 

 

さんざん攻撃しておいてどの口が~と思いますよね?

 

でも、普段からコントロール化におかれている村人は簡単に操られてしまう。

 

「何もしていないのに命を狙われた・・・戦わなければ」

「生きる為に戦うしかない・・・」

 

いやいや、確かに、「今日一日」に限定すれば被害者かもしれないけど、

 

経緯をたどれば「圧倒的に」加害者ですから^^;

 

これが、「論点すり替え」

 

「フォーカスを変える」ということです。

 

成功、目標を達成する為には、

 

絶対に覚えておくべき考え方。

 

物事を一つの角度から見るのではなく、

 

あらゆる角度から見る。

 

様々な角度からフォーカスすることによって、

 

価値を変えることが出来るんです。

 

価値を変える、創り出すというのは、

ビジネスで結果を出すために必ず必要なスキルなんです!

月収10万のひとが月収100万を達成するのには、

今までとは価値を変えること、新しい価値を産み出すこと。

 

価値を変えることは今回の例でいえば(悪用ですが)

圧倒的な加害者を、

被害者に変えてしまう。

 

そんな威力を持つテクニックです。

 

ぜひ、正しく使い、

 

結果を出しましょう!

月収100万を稼ぐのなら、それ以上の価値を産み出してくださいね^^


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

初めまして!チャーハン鉄平です。
愛知の片田舎に住む40代会社員です。

トップアフィリエイターの方から学ばせて頂いてます。

アーカイブ

カテゴリー